妊婦さんが腰痛を診てもらう時の注意点

妊婦さんの腰痛の原因とは

当院には妊婦さんや、産後の整体に通われる患者さんが多数いらっしゃいます。

今日はその中でも妊婦さんのお話。

 

妊婦さんの中には恥骨や尾骨の痛みとともに、腰痛を訴える患者さんが多いです。

その腰の痛みによって歩きにくい、とか普段のなにげない動きがつらいとか、、、

 

ただでさえお腹がでてきて動きづらくていろんなことに気を遣いながらの生活なのにそれに痛みが伴うのは本当に辛いと思います。

 

それでも、妊娠している時の腰の痛みは仕方ない、我慢するしかない、と思っている方はたくさんいらっしゃいます。

 

が、そんなことありません。

決してあきらめることはないですよ!

 

ただ、妊婦さんが腰痛を診てもらう場合は少し注意が必要なんです。

 

なぜかというと、、、

その答えは妊婦さんの腰痛の原因の中にあります。

 

原因は大きく分けて2つあるのですが、1つはものすごくわかりやすい原因。

お腹が大きくなってきて背骨が必要以上に反ってしまって腰に負担をかけてしまうから。

これはなんとなく想像もつきやすいですよね。

 

ではもう1つ。

これが大事なんです!

 

もう1つの原因はリラキシンという女性ホルモン。

 

このホルモンは月経前や、特に妊娠中~産後数日にかけて分泌されるもので、

身体の関節をゆるめる働きがあります。

 

出産するためには恥骨の関節を緩める必要があるので、

このホルモンの働きは出産には必要不可欠なものです。

 

が、このリラキシン。

恥骨の関節だけ緩めてくれればいいんですが、

恥骨だけにとどまらず、体全体に多数ある他の関節も同様に緩めてしまうんです。

 

関節がゆるむと関節の動く範囲が広くなり、

その関節を支えるために周りの筋肉の負担が大きくなります。

負担が増えるとやっぱり疲れちゃいますから、それが痛みになってしまいます。

 

その中でも大きなお腹を支えなければならない腰は痛みが出やすくなる、というわけです。

 

 

ということで、妊婦さんの腰痛にはこのリラキシンが大きく関係していること、

分かっていただけたでしょうか?

 

で、なぜこれが大事で、診てもらう際注意が必要かというと、

 

こういった体の仕組みを分かっていないまま治療をしてしまうと、

施術で過剰な刺激を与えてしまい、

リラキシンの分泌を止めてしまうといったことも起こりかねないからです。

 

妊婦さんが、腰痛の治療を受けに来たのに、

出産に必要不可欠なホルモンの分泌を止められたら、たまったもんじゃないですよね。

 

妊婦さんの治療をするときはこのような体の仕組みや状態を

しっかり把握しておくことが大切なんです。

 

最初にも書きましたが、当院は妊婦さんや産後のお母さんがたくさん来院されています。

腰痛の悩みがある妊婦さん。

安心してひろ整骨院にお任せください!

 

患者さんの声はこちら

患者さんの声2はこちら(エキテンの口コミサイト)

 

【あなたの望みを叶える整骨院】 ひろ整骨院

☎ 06-6551-2223

お問い合わせはこちら

腰痛でお悩みの方はこちら

症状について詳しくはこちら

長年の腰痛でお悩みの方へ

関連記事