腰痛時、温湿布、冷湿布どっちの湿布を使ったらいいんですか?

この質問、患者さんから非常によく聞かれます。

「温湿布・冷湿布は、どちらを使ったらいいのだろう?」と

疑問に思うかもしれませんが、

じつは貼ってみて感覚で気持ちが良い、

心地が良いと感じる方を選んでください。

え!それだけ?と思ったあなた。

両方使ってみないとわからないの?と思ったあなた。

ここからが大事ですよ。

ではあなたにはどちらが合うのかを読んで参考にしてくださいね。

実際に貼ってみると、冷湿布はひやーと冷たく感じ、温湿布はポカポカ温かく感じます。このひやーと冷たい感覚、ポカポカ温かい感覚が続いている間は、肩こり腰痛が和らいでいるように感じられます。(腰痛の詳しいことはこちら!!)

これは、痛みを感じる私達の脳と、痛みがある部位をつないでいる神経の性質を使うことで、痛みが緩和され楽になったと感じているのです。

 

脳へ痛みを伝える神経線維よりも、「湿布を貼ってヒンヤリする」「ポカポカ温かくて気持ちが良く触れられている」という感覚を伝える神経線維の方が太く、

速く脳へ湿布の気持ちよい感覚を伝えるため、湿布を貼ることで痛みを抑制して症状が緩和されたように感じるのです。

ではぎっくり腰にはどっち?

ではぎっくり腰になったらどっちの湿布を貼ったらいいのでしょう。

どうしたらいいかわからないですよね。(ぎっくり腰の治し方はこちら)

 

まずぎっくり腰がどんな状態になっているかと言うと、急に腰に強い痛みがでた場合、筋肉や組織が傷がつき炎症があり熱を持っています

 

ですから、皮膚だけとはいえ、温度を上げる可能性のある温湿布は、避けたほうがよいでしょう。

また、ぎっくり腰になって2~3日の間は、必ず皮膚よりも深いところにある筋肉や組織の炎症に対して冷却の処置が必要となってきます。

 

ですから、湿布の使い方としてはアイスパックや氷嚢などで

アイシングをしてその後に『痛覚』抑制のために「冷湿布」をはり、痛みの感覚を和らげるといいです。

 

大事なのはアイシングができるときはしっかり冷やして、外出や仕事でアイシングができないときには湿布を使ってください。

 

氷嚢やアイスパックのアイシングの使う目安は一回10分から30分してもらいその後湿布を2~3時間してください。

 

あくまでも氷嚢やアイスパックでのアイシングが、できないときは湿布で代用するということです。

温湿布と冷湿布の使い分け どこが違うの?

では温湿布と冷湿布は、ともに『心地よさ』で『痛み』を感覚的に和らげる効果があることがわかりました。

では、この使い分けはどうしたら良いいの という疑問がわくと思います。

違いをご説明しますね

「温湿布」と「冷湿布」の成分の違い

「温湿布」にはポカポカと温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。

「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、それぞれ皮膚の『感覚』に違いがでます。

しかし冷湿布も温湿布も、実際は血行を促進するなどの変化や筋肉の温度変化はみられないとされています。

「温湿布」も「冷湿布」も結果的には、皮膚の温度を下げる効果があります。

 

しかし、温湿布のカプサイシンに関しては、皮膚から染み込んだ部分の毛細血管を拡張させ血流を増やし、

貼って1時間程で、皮膚の温度を2度くらい上げることがあるともいわれています。

その後血流量が上がることで皮膚の温度が下がってきます。

 

慢性的な血行不良によるコリには、わずかでも血流量が増える可能性のある「温湿布」が良いかもしれません。
(血流量に影響するかどうかには個人差があります。)
ですが、慢性的な症状では、つらい感覚を少しの時間でも絶つことが大切なので、
ご自身が気持ち良く感じる湿布剤を選びましょう。
また、湿布に含まれる薬剤でインドメタシン・ケトプロフェンなどは痛みのもとになる物質がつくられることを抑え炎症・鎮痛効果が得られます。
ご購入前に薬局でご相談下さい。

まとめ

インドメタシンなどが入った消炎・鎮痛効果の強いタイプの湿布と、それらが入っていない湿布、「冷湿布」と「温湿布」。これらの特徴をふまえて、使い分けていくことが理想です。

 

しかし、肩こりや腰痛をおこすには原因があるはずですので、それをつきとめつつ、ツライときには湿布で心地よい、楽に感じる時間をつくるとよいでしょう。

 

根本的に腰痛を治すには原因をつきとめ治療が必要になるため専門家に相談されるのが一番お勧めです。

ちなみにひろ整骨院では湿布は出してません。

 

湿布を使い続ける生活と湿布を使わなくてもいい生活、あなたならどちらがいいですか?

当然、湿布を使わなくてもいい生活がいいと皆さんおっしゃいます。

 

あなたは効果のない腰痛の施術に

いつまでお金と時間をムダにするのですか?

痛いところを治すのは当たり前

もう二度と痛いつらい思いをしなくてもいい生活を

目指しませんか?

 

 

本気で湿布の使わない生活をされたいと思われたら 

ひろ整骨院にご相談ください。

 

【あなたの望みを叶える整骨院】

ひろ整骨院 板坂浩志

☎ 06-6551-2223

 

ひろ整骨院の患者さんの声はこちら

 

お問い合わせはこちら

 

腰痛でお悩みの方!!詳しいことはこちら

同じ症状で悩むお客さまの声

デスクワークでの腰痛がなくなり、週末のスポーツも楽しくやっていけます

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

デスクワーク中心で腰が痛くなり通院、お陰様で痛みがなくなりました!

今後も楽しみにしている週末のスポーツは楽しくやっていけます!

ぎっくり腰の痛みを当日に取って頂きました

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

ギックリ腰で来院しました。
腰の痛みは当日取って頂けましたが、続いて骨盤のゆがみが原因と
判明しました。
本日2回目の来院で、これから骨盤のゆがみを取っていってもらう治療に
入っていきます。
徐々にですが、体が楽になれば嬉しいです。

出産予定日間際、腰痛、恥骨痛で歩けなかった

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

腰と恥骨の痛みで歩けずどうしようもなく、予定日間際でかけこみました。
歩けるようになってホッとしましたすごくソフトで全然痛くないです!!

症状について詳しくはこちら

長年の腰痛でお悩みの方へ

関連記事