交通事故にあったらどうしたらいいの?

1、まずは警察に事故にあったことを届けましょう

 

交通事故にあったら、被害者だから加害者だから関係なくまず警察に電話しましょう。

ケガがたいしたことがないからと自己判断はやめましょう

交通事故にあったら早急に警察に連絡を取ってください。

 

警察への届出をしてないと後で必要な「交通事故証明書」が発行されません。

これは保険会社に保険金を請求する時に必要なものになります。

 

通常は加害者に届出の義務がありますが、時折届出を行わない加害者がいます。

 

必ず届けるようにしてください。

その際、届け出をした警察署と担当官の名前は忘れないようにメモしておきましょう。

2、相手が任意保険に入ってるか、その保険会社、担当者を聞いて、相手と住所、連絡先を交換しましょう。

 

まずは相手の住所・自宅と携帯の電話番号・車の登録ナンバー

自賠責保険の会社名と任意保険の会社名を聞いてメモしてください。

詳しく聞けるなら勤務先や勤務先の雇用主の住所、氏名、連絡先も確認しましょう。

 

 

3、病院に行き診察をうけてください。

必ず病院に行って検査を受けてください。

交通事故の治療をするには医師の診断が必ず必要です。

 

自分で軽い症状だから大丈夫と判断しないでください。

ケガがなくても後々重症になることがあります。

 

見た目で軽い怪我と思っていても必ず病院で検査して診察をを受けてください。

 

事故にあった日に症状がなくても

何日も後から重度な症状が出てくることもあります。

 

初めはわからず症状が隠れている場合があるのです。

 

 

4、病院で診察後、ひろ整骨院で施術を受ける場合、そのことを保険会社にその旨を伝えてください。

 

保険会社の担当者に連絡しひろ整骨院に通院し施術を受けたいことを伝えて下さい。

その後、保険会社からひろ整骨院に連絡がきてから、施術が開始となります。

5. ひろ整骨院に通院。 施術の開始となります

保険が適用の場合、窓口負担はありません。

費用負担0円で通院可能です