危険な腰痛!あなたのその腰痛は内臓が関係している??

病院でわからない痛みの意外な原因とは

長年の腰痛、本当につらいですよね。

寒くなるとぎっくり腰になる、

季節の変わる目になるとまた腰が・・・

思い出すだけで嫌な気分になる。。。。(ぎっくり腰の治し方はこちら)

 

ちょっと痛いから湿布を貼ったけど、またこれ以上痛くなったら嫌だなーと思って生活してませんか?(湿布の話はこちら)

 

まあ生活できてるし我慢してたらまたよくなるし……….

これって結構危ないかもしれません・・・

 

たかが腰痛と思ったらいけませんよ!!

後々大変なことになるかもしれません。

 

ここからは内臓からくる腰痛について解説していきます。

 

内臓と腰痛って何で関係あるの?

なんと腰痛の85%は原因不明!!

腰が痛いんだから腰が原因だろうと思ってしまいがちですが、

実はそんなこともないんです。(腰痛の詳しいことはこちら!)

日経新聞にこんな記事があります。

 

痛みを訴えて受診する人のうち、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は実は約15%。

ぎっくり腰を含め、病態不明の『非特異的腰痛』のほうが多い」

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常が見られない「非特異的腰痛(腰痛症)」である。

 

要するに全国的な調べで85%の腰痛は原因分からないとなっています。

参考日本整形外科学会と日本腰痛学会が新たにまとめた治療・診断の指針「腰痛診療ガイドライン」)

 

えー!そんなに原因が分からないものなの!!!

と驚きませんか?

 

つまり病院に行ってレントゲンやMRIなどの機械を使って原因がわかる

のは15%ですよってこと。

せっかく病院に行ったのに湿布もらって終わった経験ありませんか?原因わかりませんでしたってことです。

 

現場に出て患者さんにの体を実際に診ている僕からしたら当たり前ですけど・・・・

僕の経験からすると90%近くは腰以外の原因で腰が痛いと言って来院されています。

 

腰が痛いから腰を揉んでもらっているっていう方、注射うってもらった方、

湿布を貼っている方、牽引してもらっている方

もうやめませんか?

 

例えるなら家が火事になっている時に、(腰が痛いって言ってる時に)

警報機を止めようと一生懸命になって(痛い所ばかりに目が行って)

肝心の家の火事はそのまま。(原因を見つけられずにいる状態)

これって凄いやばい状態ってわかりますか?カッコは解説です

腰痛と関係ある病気

 

 

内臓はなんで腰痛の原因になっているのでしょうか。体の中心の胴体内部には、内臓が詰め込まれています。

そのため、内臓の大きさは胴体内部のの大きさによって決まってきます。

この内臓が、病気などによって肥大すると中からお腹や腰を圧迫します。

この内臓による圧迫が痛みとして感じられることが、腰痛の原因となっているのです。

腰痛を伴う病気としては

慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、

腎盂腎炎、尿路結石、、子宮筋腫

卵巣嚢腫、卵巣炎、腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛

などが挙げられます。

 

普通家が火事だと家から出てる火を消そうとしますよね。

これを自分の体に置き換えて下さい。

 

痛いって信号は痛いところが悪いに決まってると、思ってませんか?

真の原因を突き詰めていくと、腰が原因ではないことがとても多いです。

 

 

胃腸の不調が腰痛に

胃腸と腰の関連性はあまり有名ではありませんが、

胃腸が弱くなって腰痛になる場合もあります。

 

内臓疾患から腰痛になる場合があるのです。

まず内臓が疲労などにより弱ってしまうと内臓が固くなってしまいます。

 

本来内臓を助けて支えているまわりの筋肉、腹部の筋肉も衰えて硬くなり、

筋肉がカバーしていた圧力が腰への負担となっていきます。

腰部の筋肉が圧迫により血流が悪くなり、

腰痛を発症してしまうという事になるのです。

 

食べすぎやストレスなどが原因になる胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、

自身の消化液によって胃や十二指腸が自己消化を起こして損傷する病気です。

症状としては胃痛や胸焼け、吐血などが挙げられます。

これが重症化してくると炎症が広がり、腰痛を引き起こすことがあります。

 

内臓の過労や疲労は、病院で検査して病気として実際に反応がある場合もありますし、

検査では異常がないという場合もあります。

 

病気でなくても内臓が疲れているなと感じることは皆さんも経験したことはあるのではないでしょうか?

食べすぎや飲みすぎの後に胃がもたれているのを感じたことなどありますよね。

分かりやすく言うとそんなイメージです。

そのような内臓の疲れから、腰に痛みが出る事は非常にんです。

 

ではその内臓に疲れがたまらないようにするためにはどうしたらいいか。

 

・暴飲暴食をしない

・冷えた食べ物や飲み物をとりすぎない

・ストレスをため込まない

・睡眠をよくとる

 

この4つのポイントが大切になってきます。

特にアルコールや脂質、糖質の摂り過ぎには注意が必要です。

便秘からの腰痛!!

便秘で便が塞き止められ、大腸が圧迫され肥大することで腰を圧迫して腰痛を引き起こすことケースが見受けられます。

これに気が付いてない女性が多いです。

 

便秘の状態が慢性的に続いていると、「腰痛になる一歩手前の状態」が引き起こされてしまいます。

便秘の慢性化すると、腸内に便と便から発生されたガスが溜まっていき、腸を膨張させてしまいます。腸が膨張すると周辺の器官や血管、神経などを圧迫してしまい、それが血液循環の悪化などを引き起こします。

 

血液循環が悪くなると、滞っている場所に疲労物質が溜まっていくため、腸に近い腰の部分は、腰痛などの痛みを発生しやすくなってしまうのです。

また、便秘の状態では、便が腐敗していき、毒素が排出されてしまいます。その毒素は腸から吸収されて血液を通って体へ循環していきます。腸に近い腰の部位は、特に毒素が溜まりやすく、そのため筋肉の緊張を引き起こすなどを通じて、腰痛が引き起こされる原因となるのです。

 

これらの理由から、便秘の状態が慢性的に続いている人は特に、同時に腰痛を引き起こす可能性が高いと考えられます。

また、骨盤の歪みによって便秘と腰痛が同時に引き起こされる場合もあるため、デスクワークなどで骨盤に歪みを感じている方は

専門家に骨盤や姿勢の状態を診てもらうことが大切です。

診てもらっている先生に聞いてみましょう!!

 

簡単で当たり前のことのように感じますが、

意外と気にすることができていないポイントがありますので、

あなたの生活習慣を少し見直してみてください。

内臓にやさしい生活をすることだけでも、痛みのストレスからは大きく解放されていきますよ!

 

ここまでは腰痛についてのみお話しましたが、

腰痛以外にも、肩こり頭痛倦怠感むくみなど

内臓の疲労は様々な症状を引き起こす原因になります。

そういった症状をお持ちの方も先ほど挙げたポイントに気を付けて生活してみてくださいね。

 

またこのような症状をお持ちで病院や治療院で腰とか肩を治療してもらっているのに、

全然症状が改善しない!という方!

一度、みてもらっている先生に「内臓が原因で腰痛になってる気がしますがどうでしょう?」

と聞いてみましょう。  「そうかも知れないねー」と言われたらまあまあよろしいでしょう。

「そんな訳ない!」と言われた方、

 

ずばり、他の治療所に変えた方がいいです!!これ絶対!!

だってお金と時間の無駄ですから

 

内臓疲労が原因かなーと不安になったらいつでも連絡してください!!

あなたの本当の腰痛の原因教えます。

 

 

 

あなたの望みを叶える整骨院  ひろ整骨院

☎ 06-6551-2223

お問い合わせはこちら

患者さんの感想・声はこちら

腰痛でお悩みの方はこちら

 

症状について詳しくはこちら

長年の腰痛でお悩みの方へ

関連記事