間違った処置をする前に…妊婦のぎっくり腰なら大阪市大正区のひろ整骨院へ

 

 

妊婦はぎっくり腰を起こしやすいため正しい対処法を覚えておきましょう。また、間違った処置をして悪化させてしまう前に大阪市大正区のひろ整体院へお早めにご相談ください。

 

妊娠をすると、特に初期段階ではホルモンバランスに大きな変化が訪れます。そのため、慢性的な腰痛を抱える妊婦が非常に多いのです。妊婦だから我慢しなくてはいけない…と思っていると、どんどん痛みが重症化してしまったり、ぎっくり腰を招きます。お薬を使うことなく大阪市大正区のひろ整体院にてつらい腰痛をスッキリと改善していくことが出来ますので、是非ご相談ください。

 

「妊婦はぎっくり腰になりやすい」

ぎっくり腰というのは、突然誰にでも起こる可能性があります。ただし、普通の方よりも妊婦はぎっくり腰を起こしやすいリスクを抱えているということを頭に入れておいてください。

 

・ホルモンバランスによって骨盤がゆがみやすくなっている。

・体重が増加し体のバランスが悪くなっている。

・運動量が低下している。

・出産に対する不安や精神的なストレスを感じている。

 

このようなことから通常よりも腰に大きな負担がかかっており、ちょっとしたキッカケですぐにぎっくり腰につながってしまうのです。重いものを持ち上げるときや、くしゃみをするときなどは特に注意するようにしてください。

 

「間違った処置で悪化させてしまうことも…」

ぎっくり腰になってしまったとき、あまりの痛さに慌ててしまいとにかく何とかしようと間違った処置をしてしまう方も居ます。しかし、処置の仕方が間違っていると改善するどころか余計に悪化させてしまいますから気をつけてください。

 

間違った処置の例

・痛みを和らげようと思い、患部を温める。

・筋肉が詰まってしまっているような気がして無理やりストレッチをする。

・痛みの出ている部位をマッサージする。

 

このような処置は炎症を強くしてしまい、ぎっくり腰の悪化につながりますので禁物です。大阪市大正区のひろ整体院は妊婦のぎっくり腰も素早く原因から取り除くための専門的な治療をおこなっておりますのでお早めにご来院ください。

 

「慌てずに正しい処置をしましょう」

大阪市大正区のひろ整体院にて治療を受けると共に、ご自身でも出来る正しい処置について覚えておきましょう。まずは無理をせずに安静にすることが第一です。そして痛みの出ている部位(炎症が起こっている部位)を氷水で冷やしてください。妊婦の場合、体全体を冷やしてしまうのは良くありませんから、体は毛布などで包み患部だけを冷やすようにしましょう。(長くても15分くらいまで)寝る時には頭の3倍くらいの高さに足を上げるようにクッションなどを敷くと楽にな

症状について詳しくはこちら

マタニティ・妊婦整体(安産整体)

関連記事