妊婦の腰痛対策に非常に効果的な大阪市大正区のひろ整骨院の施術

腰痛でお悩みの妊婦は、重症化させる前に早めの対策を心がけるべきです。大阪市大正区のひろ整体院にて原因を突き止めた上で、根本からの改善を図ることで出産に向けて痛みの無い元気な毎日を過ごせます。

 

腰痛は慢性的な症状になってしまうことが多く、対策をとらずにいるといつまで経っても痛みに悩まされたり、軽くなったかな?と思っても気が付いたら重症化してしまっていたりする厄介な症状です。妊婦は特に腰痛が起こりやすいため、出来るだけお早めに大阪市大正区のひろ整体院にて解消させておくことが大切です。当院ではさらに再発を防ぐための対策方法などもアドバイスいたします。

 

「まずは正しい原因を突き止めましょう」

妊婦の腰痛の原因は1種類ではありません。その原因に応じて適切な対策方法をとらなければ根本的な部分から痛みを取り除くことは出来ません。

 

・姿勢の変化によるもの

妊婦はお腹が大きくなるにつれて骨盤や腰椎が前方へ傾き、重心が前方へと変化していきます。そうすると自然に背中の筋肉で後方へのバランスを取ろうとして常に筋肉が緊張した状態が続き腰痛となってあらわれます。

 

・ホルモンの分泌によるもの

妊婦の体に分泌されるリラキシンという卵巣ホルモンは、関節や靭帯を緩める作用を持っています。これにより赤ちゃんをスムーズに出産することが出来るようになるのですが、骨盤が緩むことによって腰部分でお尻の筋肉までも支えようとするために痛みが起こります。

 

・精神的なストレスによるもの

これから出産に向けて不安や緊張を感じているという妊婦も多いはずです。特に初めての出産の場合には非常に大きなストレスになってしまうケースも珍しくありません。こうした精神的な緊張が筋肉も緊張させてしまい腰痛につながります。リラックスを心がけることも対策の1つです。

 

「体を冷やさないようにする」

対策方法としてまず大切なのが体を冷やさないように注意するということです。腰痛というのは筋肉が凝り固まっている状態ですから、温めてほぐしてあげましょう。

大阪市大正区のひろ整体院にて骨盤の状態を整えるということも、体の冷えを取り除くために大きな効果を発揮します。そして、ご自宅でもしっかりと湯船に浸かったり、痛い部分に蒸しタオルを当てたりして温めてあげる習慣をつけてください。

 

「体の内側からしっかりと血行促進」

筋肉が凝り固まっているということは、血液も滞ってしまい血行不良を起こしています。腰痛だけではなく、肩こりや頭痛などその他の症状が同時にあらわれてくる場合もあります。大阪市大正区のひろ整体院では、手技療法にて骨格のゆがみを整えて血液の流れを促進させていきます。一部分にばかり負担がかかることもなくなり、痛みのない生活を取り戻すことが出来ます。お腹が大きくなればなるほどに痛みが強くなってくる傾向にありますから、妊婦の方は早めの対策を心がけるようにしてください。

症状について詳しくはこちら

マタニティ・妊婦整体(安産整体)

関連記事