うつ伏せがツライ妊婦でも受けられる大阪市大正区のひろ整骨院の施術

大阪市大正区のひろ整体院の施術は、うつ伏せや仰向けなどの寝る姿勢がつらくても心配は要りません。患者様がいちばん楽でリラックス出来る姿勢のまま施術を受けていただくことが出来ます。

 

寝る姿勢に気を使っている妊婦も多いかと思いますが、特にうつ伏せになってしまうと赤ちゃんを押しつぶしてしまうのでは?!と心配になるでしょう。また、腰痛や肩こりなどを改善するために施術を受けたいと思ってもうつ伏せの姿勢がとれないために我慢しているという方も多いはずです。大阪市大正区のひろ整体院の施術ならばそういった心配も要りません。赤ちゃんに負担をかけることなく安心して受けていただけます。

 

「妊婦はうつ伏せになってはいけない?」

寝るときの楽な姿勢というのは、妊娠の初期~後期と時期によって異なります。妊娠初期であれば、赤ちゃんは胎盤と羊水で守られていますからどのような姿勢で寝たとしても圧迫してしまったりといった心配は要りません。いつもうつ伏せで寝ていていちばんリラックス出来る寝方であれば妊婦であっても何ら問題はありません。

それよりももっと体に負担をかけてしまうのが机などで作業中に座ったまま寝てしまうという状態です。長時間同じ姿勢で座っていることにより全身の血流が悪くなってしまうのと、お腹を内側にして背中を丸めていますから赤ちゃんへ流れる血流が滞ってしまうのです。首こりや肩こり、腰痛や冷え性などといった症状も強くなってしまいますから気を付けるようにしてください。

 

「お腹が大きくなるとうつ伏せは苦しい」

妊娠20週を過ぎたあたりの妊婦は徐々にお腹も大きくなってきて、うつ伏せでも仰向けでもいつもと同じように寝るのが苦しくなってきます。これは、子宮が大きくなり中枢神経と血管を圧迫して、血中の酸素濃度が下がってしまうからです。

このような時期ですと、横向きに寝るという姿勢がいちばん楽に感じるはずです。窮屈な体勢にならないように横になるときには抱き枕を利用したり、膝の下に座布団やクッションを置いたりすると苦しさも大分緩和されます。

妊娠後期でも大阪市大正区のひろ整体院で施術を受けていただくことは可能ですのでご安心ください。無理にうつ伏せや仰向けになる必要は御座いません。

 

「妊婦がいちばん楽な姿勢で受けられる施術」

大阪市大正区のひろ整体院での妊婦の方の専門治療は、患者様一人一人がいちばん楽な姿勢で受けていただくことが出来ます。どのような姿勢であっても、しっかりと骨盤を中心に体のゆがみを整えていくテクニックを持つ専門家が施術にあたります。もちろん、体を強く押したりすることもありませんので初めての方も安心してご来院ください。

症状について詳しくはこちら

マタニティ・妊婦整体(安産整体)

関連記事