交通事故 後遺症の治療

交通事故の後遺症は病院で治せない?|手技療法が選ばれる理由

交通事故の後に後遺症が生じることはよくあります。
事故当初は緊張状態にあるため、痛みやつらさを感じないことが多く、そのまま放置しておく方が少なくありません。
しかし、数日たってから

「首や腰が痛い」「頭が重たい」「睡眠を取れず疲労が残る」

といった後遺症が起こる可能性があります。                                            

交通事故によってケガをした場合、すぐに適切な治療を受けないと後遺症が残ってしまいます。
ひろ整骨院では、出来る限りつらい早期に痛みを取り除くと共に、

将来的に後遺症が残らないようにきちんと痛みを始めとした不調の原因を突き止めた上で根本治療をおこなっております。

 

そのため慰安中心のマッサージの治療は行っておりません。体の改善する根本治療のみを行っています。
交通事故直後は、痛みを感じなくても、必ず医療機関を受診するということを忘れないようにしてください。

 

病院でわからない後遺症の原因

特に多いのが交通事故によるむち打ち症(頸椎捻挫)です。

病院でレントゲンやMRIの検査を受けても、「異常なし」と診断されることが非常に多いのが特徴です。
こうした症状には、手技療法による施術が効果的です。

レントゲンやMRIの検査では特定できない痛みや違和感には、頸椎のズレが関係しています。

大正区の「ひろ整骨院」では、交通事故専門の行政書士さんと提携しサポートを展開しています。

交通事故専門治療院ですので、後遺症に関する治療を得意としており、他院(接骨院・整形外科など)から転院して施術を受けている方も大勢おります。

現在 他の病院・整骨院に通院していて改善しないとお悩みの方、時間を無駄にしないよう転院をご検討ください。

そのほか、保険会社の手続きに関するアドバイスも随時行っています。

整骨院の施術を検討している方は、一度ひろ整骨院にご相談ください。