スタッフ紹介

院長 板坂 浩志

出身           住まい
三重県 菰野町         大阪市西区
資格
柔道整復師
今ハマっていること
子育て 休日はいつも娘二人とデートしてます!(^^)!
趣味
野球観戦(広島カープファン) プロレス観戦 硬式テニス 
学歴
菰野小学校⇒菰野中学校⇒四日市高校⇒近畿大学⇒行岡整復専門学校        
生年月日 血液型
10月10日生まれ O型

誕生

写真

三重県菰野町、菰野厚生病院にて10月10日に生まれました。

泣き虫でちょっとしたことで、すぐ泣いていたそうです(笑)

幼少時代

写真

父親の転勤が多く、引っ越しを繰り返していました。

僕の記憶にあるのは新潟県北魚沼郡の山奥に住んでいたことで、毎年3m以上積もる雪の景色でした。

小学校3年生まで住んでいて冬季はスキー、夏季は山や川へ遊びに行く活動的な生活でした。

普通におやつが庭の野菜でトマトやキュウリを食べてました。

 

妹と仲良く

写真

妹との誕生日の写真です。体が小さく妹と一緒に遊んでいると

よく「お姉ちゃんと似てるねー」と間違えられることが多かったです。

小学校時代

写真

小学校5年生から野球部に入り、毎日練習に没頭してました。

下手くそでレギュラーにはなれませんでしたが、野球の練習が楽しくて休まずに通ってました。

ピアノやスイミングを習っていて、今思うと結構忙しい子供時代でした。

 

 

 

 

中学時代

写真

中学校に入ると硬式テニス部に入り、自分からキャプテンを志願し、朝から晩までクラブ漬けの毎日でした。

忘れられないのが左手を骨折していても右手が使えたらテニスはできる!と思い、練習して試合にも出てました。

 

高校時代

写真

高校時代も部活は硬式テニスに入りました。

進学校だったので勉強との両立が大変でした。

ある時、部活中に肘が痛くなり練習を満足にできなくなり病院へ・・・しかし、治療をしても痛みが止まりませんでした。痛みを我慢しながら実践練習が満足にできずにランニングや筋トレ中心の練習をせざるおえませんでした。

痛みが軽減したら練習を始めまた痛める、という繰り返しでした。

病院へ行っても良くくならず「練習をやめて安静にしてね。」と言われるばかり。

満足に痛みがなくプレーできずに引退。不完全燃焼の部活生活で悔しい思いをしました。

 

 

 

大学ー専門学校

大学はプログラミングの勉強をする学科に行きました。単純にパソコンがおもしろそうだったから。

この時は整骨院で働くとは全く考えていませんでした。

転機は就職活動の時です。

人の役に立ちたいと考え医療機器メーカーについて、色々調べていました。

自分自身で調べるうちに現場で直接人と接し、自分で治療が出来るようになれれば良いと思い整骨院に就職!!

あまり後先考えずに行動してました。

 

職場で仕事をしていく中、知識をつけ勉強しなければと考え専門学校に入りました。

仕事をすればするほど、職場で人と接しているのが楽しく学校に行くより職場での仕事を優先していました。

 

開業

平成22年11月に大正区に開業!

 

治療に対する思い

私にしか治せない人がいるから

開業して間もないころ

「何で自分は治療家を仕事としているのか?」

と考えることがありました。

色々な仕事がある中なぜ自分は治療家なのか?
なぜこの仕事が好きでやっているのか?
と考えると、結局この言葉がでてきます。

私にしか治せない人がいるから」

この仕事が長くなればなるほどはっきりと強く思います。

私には治療の技術を教えてくれた師匠が何人もいます。

技術のレベルでは師匠の方が上でしょう。

しかし師匠の治療でも良くならなかった人が、私の治療を受けて改善したことがあります。
私にしか治せない人がこの世界にはいるはずです。

だから治療家をやっている!と思います

仮に「体が治っていく」という現象が

目に見えることだけで説明でき

るのであれば

治療技術のレベルや知識だけで治療家の優劣をつけれます。

正直、技術や知識だけでは師匠に勝つのは難しいです。

しかし、実際の現場ではこんなに話は簡単ではありません
 〇〇さんには効果がある治療でも××さんには効果がなかなかでない
って良く聞きますよね。
 この世界には人それぞれ
目に見えないその人にしかない「何か」が絶対にある。

その人にしか役に立つことが出来ない人が必ずいる。

誰が自分にとってその人なのか?

さすがにそれはわかりません。

 

 もちろん知識や技術もめちゃくちゃ大事です。

だけど知識や技術や経験って
自分が役に立てるかどうかを
瞬時に見極める為の物だと思います。

 

 まだ会っていない「私にしか治せない人」
と出会うため
この仕事を業としています。

 

川内 なつみ

生まれ            住まい
 長崎県            大阪府
生年月日
1990年11月08日
趣味
食べること  カフェ巡り  旅行 楽しいこと大好きです(^^)!

幼年期

写真

1990年11月、長崎で生まれ、すぐ大阪に戻り大阪で育ちました。

小さい時は、とても恥ずかしがり屋で何をするにも父や母と一緒じゃないと不安でした。知らない人と会うと、母の後ろによく隠れていました。その反面家ではすごくやんちゃで、いつも兄の真似をして一緒に遊んでいました。

少年期

写真

幼稚園、小学校に入ると、男の子とよく遊ぶようになり、公園を走りまわったりキャッチボールなどをして遊びとても活発でした。その影響か、髪の毛もバッサリとショートにして見た目も中身もボーイッシュな女の子でした。

小学3年生の時、幼馴染に誘われて少林寺をはじめ、茶帯まで頑張りました。

他にも習字や英会話、公文などいろんな習い事に通わせて頂き好奇心旺盛でした。小学6年生になると兄の影響で塾にも通いだしました。

中学時代

写真

中学校では、塾に通っていたおかげで数学の成績はいつも学年で5番目くらいまでには入り、凄い自信をもつことができました。なので、数学がとても楽しく感じ、自分に自信を持つということも覚えました。

部活もはじまり、小学校から走るのが好きだったので、陸上部に入部しました。

種目は主に短距離、砲丸投げで、3年間最後まで頑張りました。

高校時代

写真

高校に入ると、陸上部に入ると決めていたはずが、他の見学で「かっこいい!自分もやってみたい!」と衝撃を受けハンドボール部に入部。しんどかったけど、とてもやりがいがあり没頭し、3年になると副キャプテンを務めさせてもらいました。今までにないぐらい激しいスポーツで、ケガばかりの3年間でした。その時整骨院によく治療に通っていたのですが、治療をしてもらって「すごいなあ」と思ったのがきっかけで整骨院などの仕事に興味を持ち始めました。

大学~現在

写真

大学進学の時期、私は柔整や鍼灸の専門に行くか迷いましたが、自信のなさから決めきれず、普通の4年制の大学に入学。大学に行ってそれでもまだやりたいという気持ちがあれば、それから自分でまた学校に行こうと思いました。4回生で就職活動をはじめましたが自分のやりたいことじゃないと思いました。その頃から自分の親が、体が痛いと言うことが増え、病院に行く事を勧めてもお金がもったいないと言って行こうとしませんでした。そこで思ったのが、「自分が治してあげたれたら」。そのことと、高校から興味を持っていたこともあり、勉強することを決めました。色々調べていて整体やカイロプラクティクにも興味をもち、お金をためてカイロプラクティックスクールに通いはじめました。それがきっかけで整体の仕事を探しはじめ、お客さんの立場になってHPを見ていた所、ひろ整骨院に惹きつけられるものがありました。「私もここで働きたい、こういうことがしたい」と思い、今ここで働かせて頂いています。

 

治療に対しての思い

ひろ整骨院で働き始めて、、、

当院は”今までどこに行っても治らなかった”と来院されるいろんな症状の患者さんが多く来らています。その患者さん達が、日に日に良くなっていくのを間近でみていて、私もこんな風にどこに行っても症状が改善されないと、困っている人達を助けたい。症状を改善していけるようになりたいと思いました。

なので院長を目標に、「この先生に診てもらいたい、この先生なら任せられると思われるような信頼できる先生になれるよう頑張りたいです。

橋本 龍

出身          住まい
東大阪市       天王寺区
資格
柔道整復師
生年月日
1993/03/11
学歴
長瀬北小学校→金岡中学校→今宮工科高等学校→東洋医療専門学校
スポーツ歴
空手・サッカー・野球・柔道

幼少時代

写真

東大阪市で生まれ育ち、6つ上の姉がいていつも遊んでもらっていました。

親戚も多くその子達を兄弟のようにあやしていた事もあり、いつも沢山の人に囲まれて育ちました。好奇心旺盛で運動から手芸までチャレンジしてました。

小学校時代

写真

年長から小6まで姉の影響で空手を始め6年間つづけた結果、初段まで頑張りました。

この経験が何事もコツコツ継続する力に繋がっているのではないかと思います。

校内ではサッカー部に所属し、この頃から運動に明け暮れていました。

中学校時代

写真

小学生の時友人と毎日草野球をしていた事から、みんなで野球同好会に入部。

部として成立していなかったのでヘルメットは勿論なく、バットも寄せ集めでした。

その後、32-2で負けて新聞に載ったこともありましが今後の活躍が期待され、晴れて野球部に昇格。

道具もないところから始まり、練習に励み、同好会から部にみんなで昇格させた事は今思い返してもこれ以上の青春はなかったとおもいます。

高校時代

野球部で鍛えた足腰と、幼少期から格闘技好きの父に鍛えられていたこともあり

案外通用するのではないか。という思いで柔道部に入部したところ、トントン拍子で黒帯を取得。

 

小、中、高とスポーツ・武道を経験していく中でたびたび怪我に遭遇。

そのことから自分がなんとかしたい!という思いから柔道整復師になることを決意。

この時は過酷な勉強漬けの毎日が待っているとは夢にも思っていなく、素敵な学生生活を思い描いていました。

 

専門時代

運動しかしてこなかった事から、初めは机に長時間座ることから始めたり、解剖学の教科書など分厚い本を見ただけで倒れそうになっていました。

しかし、体の構造などの奥深さに惹かれていって、人の体を触る難しさや責任感を実感していき、より一層困っている人の手助けになりたいと思うようになりました。

 

 

晴れて柔道整復師として

柔道整復師になると友人たちは接骨院に勤める事が多かったのですが、私は骨折・脱臼・打撲・捻挫などの外傷をより間近でみたく整形外科で3年間勤務しました。

レントゲン室での助手やオペ室での助手など接骨院では経験できないこともさせて頂き私の人生に凄く大きな影響をあたえました。

 

整形で働いていて日々患者さんから「良くなったよ」「ありがとう」「先生に診てもらいたい」など言って頂いたり、やりがいもあり毎日楽しく働いていました。

そんな時!

産後の恥骨痛、骨盤のゆがみで悩んでいる方が来られた時に、私が出来ることはしましたが、妊産婦への知識がなかった私からすれば、なすすべ無く帰って頂いたのと同じようなものでした。 専門学校時代と整形外科での合わせて6年は何だったんだろうと思い無力さを痛感しプライドがズタズタになり、かなり落ち込みました。

 

 

そのくやしさから、妊産婦の方の症状や悩みについての思いが強くなりそういった方の力になりたい!という思いが強くなっていきました。

 

あと、痛みやシビレの原因にレントゲンだけではわからない事もあるのではないかと考えるようになりました。

 

そんな時、ひろ整骨院では妊産婦の方も来られ、痛みやしびれを無痛でとっているという事を聞き、そういった点が私の疑問を解消させてくれるのではないかと思いひろ整骨院で働きたいという思いが強くなりました。

 

現在の思い

疑問に思っていたことが次々と手での検査を通してその人の状態を探り、痛みやしびれが改善されていくのを目の当たりにして日々感激しています。

私も一人でも多くの方に喜んで頂き、院長の様に私にしか治せない人に出会うため日々精進していきたいです。

みなさまの幸せを願い体の悩みの改善だけにとどまらない信頼関係を築きサポートしていきたいです。