顎関節症によくある症状について ひろ整骨院の顎関節改善法

あなたのその症状は顎関節症かも?

顎関節症によくある症状について説明していきます。

どんな症状が顎関節症の症状なのか理解していると間違った情報に惑わされずにすみます。

ご自分でチェクしてみてくださいね。

関節雑音

関節雑音とは口を開け閉めする時になる音のことです。

この関節雑音は二種類あります。

クリック音とクレピタス音です。

クリック音は乾いた音で彈発音ともいいます。
パキッとかバキッといった音です。

このクリック音10人中1人か2人ほどなっていると言われています。

もう一種類のクレピタス音というのは、別名軋轢音とも言います。

どのような音かと言うとギシギシ、ミシミシといった擦れるような音です。

このクレピタス音が出るということは顎関節の摩擦が増えていることなので、

痛みが出ている場合はこの摩擦を少なくするような対応が必要な場合があります。

ただ他に症状がなく、クレピタス音だけの場合には機能障害を起こすこともないので、

顎関節症の治療が必要ないこともあります。

開口障害

一般的に顎関節症の痛みは口が開きにくくなる開口障害と言われる症状が出てきます。

顎関節は構造上5センチほど開くようにできています。

ところが何らかの原因で開きにくくなり場合によっては手の指一本分しか広がらなくなることもあります。

しかし症状がでていても時間の経過と共に少しずつ開きは改善されていくことが多いのです。

正常に口が開けられるなら、自分の人差し指、中指、薬指を伸ばした状態で

上下の歯の間に入れてみてください。これが第二関節まで口に入れることができますか?

これは一般的な例なので、これができなかったら異常というわけではないです。一つの目安としてください。

当院では口が大きく開けられない患者さんの口の上下前歯の距離と耳の穴の前にある下顎頭というところ

を指でさわっていき、口の開け閉めと下顎がどれぐらい開くかをチェックしていきます。

ひろ整骨院の顎関節プログラム

他にも様々な症状が顎関節症にはありますが

何が顎関節症の典型的症状なのかを少しでも理解でき、

あなたのお役にたてたらうれしいです。

ひろ整骨院の顎関節症改善プログラムは今ある痛みをとるだけでなく、二度と再発しないようにすることができる方法です。

全身のゆがみと首のゆがみみを取り除いてもなかなか生活習慣や体の悪いクセはすぐには治りません。

 

痛みやゆがみが取れたら、それではい終わりとはなりません。
なぜならあなたの生活習慣や悪いクセを取り除かなければ本当に終了とは言えないからです。

 

さらに施術後はあなた体の状態に合わせたセルフケアの方法をお伝えします。

体の施術とあなたの体にあったセルフケアをお伝えしてこの顎関節症プログラムは終了となります。

あなたも安心してひろ整骨院に来院して頂ければ大丈夫です。

 

患者さんの声はこちら

患者さんの声2はこちら(エキテンの口コミサイト)

 

【あなたの望みを叶える整骨院】 ひろ整骨院

☎ 06-6551-2223

お問い合わせはこちら

顎関節症でお悩みの方はこちら

同じ症状で悩むお客さまの声

歯ぎしりが原因で顔の痛みがありました

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

3月から指の骨折のリハビリで通院しました。インターネットで知りましたが現在は月1回になりました。
3ヶ月は週1回の通院が現在は月1回になりました。

来院時は体が重いのですが、帰るときは軽くて体重が減ったのでと思うほどです。

先生も病気以外の話題も話してくれて楽しい時間を過ごさせてもらってます。
これからもよろしくお願い致します。

症状について詳しくはこちら

顎関節症

関連記事