産後の骨盤体操!お腹の引き締めにも効果!!

産後のセルフケアで辛い痛みから解放されましょう!!

出産が終わるとお母さんの体は妊娠前の体に戻るべく外見はもちろんのこと、

体内のホルモン分泌に大きな変化が起こります。

 

特に妊娠、出産で大きくなった子宮が元の大きさに戻るまでの約8週間の期間を「産褥期」といい、

お母さんの体では大きな変化が起こっています。

 

その大きな変化が起こっている中で赤ちゃんのお世話もしなければならないですから、

出産後は腰痛や頭痛など痛みとして体に不調が生じることが多いです。

 

是非実行して骨盤まわりを引き締めていきましょう!!

出産という大仕事を終えた体に不調が起きるのは仕方のないことです。

産後の骨盤お悩みの方はその対処法をお教えしますから安心してくださいね!

腰痛がひどい・・・

産後最も痛みが出る部分として挙げられるのが腰です。

産後は、出産により骨盤が緩んでいる状態の中、授乳や抱っこなど腰に負担のかかる姿勢をとってしまいますから、

痛みが出やすい状況になります。

なるべく無理な姿勢での授乳や抱っこを控えたり、横座りなど悪い姿勢をとらないようにしたり心がけてください。

妊娠中に使用されていた骨盤支持ベルトも有効ですから使ってくださいね!(骨盤ベルトのことはこちら)

頭痛がつづく・・・

出産後に頭痛が続くという方も多いです。

赤ちゃんのお世話により睡眠不足が続いたり、肩がこってしまったりすることが原因となっていることが多いです。

我慢できないときは家族の助けをかりて無理をせず横になりましょう。

肩こりからくる頭痛には肩や首を温めることが有効です。

蒸しタオルや入浴など簡単な方法で構いませんから温めるようにしましょう。

またこちらのストレッチもとても有効です!ぜひ行ってみてください!!

肩こりからくる頭痛改善ストレッチ

病院や整骨院など受診する際は授乳中であることを言うのを忘れないように。

手首が痛くなった・・・

抱っこの姿勢による腱鞘炎の可能性があります。

こちらの場合は頭痛とは逆に冷やすようにしましょう。

病院や整骨院を受診するのもよいですが、この症状の場合は特に家族の協力も不可欠です。

抱っこを代わってもらうなど負担をかけすぎないようにしましょうね。

産後の痛み解消体操!お腹を引き締めましょう!

妊娠や出産によってお母さんの体の筋肉は必要以上に緩んでしまっています。

その筋肉を元の状態に戻して、妊娠前のようにしっかり体を支えられる筋肉にしてあげることが

痛みの改善にとって一番の近道です。

ではその筋肉を元に戻すための簡単な体操をお教えします!

ステップ①

まず足を伸ばして座り、つま先を立てます。

その立てたつま先を体のほうへ引き寄せたり、伸ばしたり、くるくる回したりします。

引き寄せたり、伸ばしたりをそれぞれゆっくり10回、

回すのもゆっくりと右回しで5回、左回しで5回それぞれ行いましょう。

ステップ②

次に仰向けに寝て、両ひざを立ててください。

その状態からゆっくり腰を持ち上げます。

背中がまっすぐに伸びたら、またゆっくりと元に戻します。

10回ゆっくり繰り返しましょう。

ステップ③

両膝を立て、ひざをそろえた状態で右側にゆっくり倒します。そしてゆっくり戻す。

続いて左側に同じ動作を。左右それぞれ10回ずつ行いましょう。

 

 

 

以上を3つのステップを1セットとして1日2回行うようにしましょう。

特に時間に決まりはないですが、朝起きてすぐや夜お風呂に入った後など、時間を決めて行うと続きやすいです。

 

簡単な体操ですからぜひやってみてくださいね!

体操だけでは物足りない!不安だ!という方はぜひ当院へお越しください!

当院ではあなたと同じような悩みを抱えている産後のお母さんがたくさん来院されています。

赤ちゃんと一緒の来院も大歓迎ですので、まずはお気軽にご連絡ください!

 

〔あなたの望みを叶える整骨院〕 ひろ整骨院

06-6551-2223

お問い合わせはこちら

腰痛でお悩みの方はこちら

頭痛でお悩みの方はこちら